Jamboard: Googleのデジタルホワイトボード

ホワイトボードは会議などでよく利用するイメージがあるかと思います。会議で共有するための情報を書いたり意見やアイデアをまとめたりいろんな場面で必要になるツールです。

Jamboardアプリはホワイトボードをデジタルで操作できるとても便利なツールになります。

電子ホワイトボードは、オンラインで行うビデオ会議などで便利に活用することができます。
Zoomはホワイトボード機能が搭載されていますが、SkypeやGoogleハングアウトでは画面共有機能を使いながらJamboardアプリを利用するなどして会議を進行することができます。

Googleが提供する電子ホワイトボード「Jamboard(ジャムボード)」は、企業が本格的に利用できるような55インチの4K解像度、静電容量式のタッチパネルのディスプレイとして販売しており、本体価格は64万円ほどで利用には年間7万7000円程度のライセンス料がかかってきます。
ですがJamboardアプリでは使える機能は限られますがGoogleアカウントをお持ちであれば無料で利用することができます。

Googleアカウントにログインしますとアプリケーションが用意されています。アプリの中から「Jamboard」を選択します。下記のURLから直接開いても良いです。

https://jamboard.google.com/

画面右上端の「共有」ボタンは、ホワイトボードの共有になります。
生成されたリンクを共有するか、メールアドレスを入力して招待します。
招待前でも後でも、「編集者」か「観覧者」かを設定することができます。

ホワイトボードを共有すれば、Hangouts Meetのビデオ会議等で画面共有しなくても、ユーザーがJamboardアプリを立ち上げて観覧したり編集したりすることができるのでとても便利です。

また、JamboardアプリはPCだけでなく、スマートフォンやタブレット端末でもアプリが提供されています。

Add a Comment

Your email address will not be published.